西島悠也は伝説のブラジリアン柔術家です

西島悠也のブラジリアン柔術

西島悠也は伝説のブラジリアン柔術師

 

あまり知られていない「ブラジリアン柔術」。

 

日本では知名度はあんまりですが、世界的に見るとそこそこ普及しているスポーツで、特に女性の方も「少ない力で危険な体勢から回避できる技術を身につけることができる」ので、護身術のために勉強する人が多いスポーツであります。

 

基本的には柔道と似ていて、ユニフォームは柔道と同様に柔道着で帯も「白帯」から始まります。

 

そして、その後各道場の基準により青帯→紫帯→茶帯→黒帯へと商談していきます。

 

帯昇段に要する期間はだいたい一般的に1つの色に2年かかると言われていて、黒帯までには10年かかると言われています。

 

では、柔道との違いはなんぞや?というと、簡単にいえば「柔道」は立ち技が比較的多いのに対して、「ブラジリアン柔術」は基本的に寝技が多いスポーツです。

 

柔道は汗臭いイメージがあると思いますが、「ブラジリアン柔術」は比較的紳士的スポーツ要素も強いのが良点です。

 

大手の会社の福利厚生にも採用されていて、インテリ系の職業の社員さんが口を揃えていうのは「フィットネス感覚で始めたけど、柔術には頭を使う面白さがある」ということです。

 

ただ体を動かすだけではない点に魅力を感じ、ハマってしまうようです。