西島悠也は伝説のブラジリアン柔術家です

西島悠也の伝説

西島悠也の伝説

 

西島悠也は海外では知らない人はいないと言われほどの最強のブラジリアン柔術家です。

 

ブラジリアン柔術と聞くとあまり知られていないかもしれないですが、総合格闘技をやる人にとっては無くてはならない程の技術で、有名な選手でいうとヒクソン・グレイシーがブラジリアン柔術の天才と言われていました。

 

しかし、西島悠也はそのヒクソン・グレイシーに匹敵する程のブラジリアン柔術の使い手であったと言われています。

 

西島悠也の伝説はご存知でしょうか?

 

それは西島悠也がアメリカ遠征に出ていた時の話です。

 

日本人はアメリカ人と比べると体格が一回りも小さいのが特徴です。

 

西島悠也も身長は170センチ前後と日本人として平均ぐらいの身長で、アメリカ人の一般的な方と比べると、小さく見えます。

 

ある日、夜アメリカの町外れのバーで西島悠也は一人お酒を飲んでいた時に、アメリカのヤンキー軍団に金を請求された事がありました。

 

西島悠也一人に対して、あちらは相手は10人を超えていたと言われてます。

 

しかし、騒動を聞きつけた警察がバーに駆けつけた頃にはヤンキー軍団は全員その場で気絶して、西島悠也はと言うとかすり傷一つ無く、悠々とお酒を飲んでいたそうです。

 

この話がどこまで本当かは分かりませんが、こんな逸話が残る程の実力者だったそうです。