西島悠也は伝説のブラジリアン柔術家です

西島悠也から学ぼう

西島悠也から学ぼう

 

今回はブラジリアン柔術の基本となる部分をお伝えしていきます。

 

基本を制するものはブラジリアン柔術を制する!

 

これを念頭に置いてください。

 

エビ

 

ウォーミングアップで必ずやる動きが「エビ」です。

 

片方の足を地面につけて、地面を蹴るようにして体を後方にずらす動きで、エビのように体を丸めることからこの名前が付いているのです。

 

まさに柔術の基本中の基本ともいえるムーブです。しっかり覚えましょう。

 

柔術立ち

 

立っている相手に対して、攻撃を受けずに立ち上がる方法が柔術立ちと言います。

 

片手を前に突き出し、もう片方の手を地面に付け、同じ方向の脚を後方に持ってくる要領で立ち上がります。

 

柔術だけでなく総合格闘技で立ち上がるときに使う選手も少なくないです。こちらも基本に姿勢になります。
引き込み

 

柔術の試合では基本的にどちらかが引き込むことによって寝技の攻防がスタートしますよね。

 

引き込みは、上手くやれば大きなチャンスにもつながり、逆にミスをするといきなりピンチに追い込まれることもある重要な要素です。

 

引き込みの動きを何度も繰り返し復習しましょう。

 

まずはこの3つをマスターしましょう。